peco-lin~羊毛作家の作成記録~

羊毛フェルト作品の作成の様子を紹介いたします

わたくし、羊毛フェルトで猫さんをひたすら作っております(o^-^o)

何気ない猫さんの可愛さ追求してまいります。
眠り猫を中心に、これからも様々な猫さんを産み出していきますよ(=^ェ^=)
読者登録宜しくお願いいたします~

ザ・コブラ

今は仕事に意識が傾いており、猫を作るモチベーションが足りません(-_-;)


お金をもらって働いてるんだからプロです


仕事はしっかりやります


猫はやっつけ的に作りたくはなく、やはり気持ちを込めてしっかり作りたい


無理に作るのはやめます


今は仕事に集中しろという事だと思います
(о´∀`о)


わたくしの作品を待ってくれる方のためにも、充電して、皆さんの癒しになるような可愛い猫を作ります


しばらくお待ちあれm(._.)m



本日はアキラ100%のライブを見ました


ショッピングモールの意向で肌色のあれを履いていたので「アキラ90%」と言ってましたが……( ̄▽ ̄;)


もう一つ嬉しい事がありました


わたくし、幼い頃、プロレスが大好きでして、特にジュニアヘビー級(軽量級)の選手が好きでした


やはり、タイガーマスクの登場からですね


タイガーマスク(佐山悟)の変幻自在な空中殺法がすごくて……


それから、ジュニアヘビー級の選手が好きになりました


タイガーマスクが新団体設立のために脱退後、二匹目のドジョウとばかりに新日本プロレスが登場させた覆面レスラー


ザ^コブラ


この選手が死ぬほど好きでした( ´∀`)


言わば、佐山タイガーは天才でした


あんな抜群のセンスのレスラーは今でも現れておりません(主観です)


そんなタイガーの後がまで、コブラにはタイガーのプレッシャーに悩まされるという、長嶋茂雄のプレッシャーを受け続けた原辰徳的な立場でした


ずっとタイガーマスクの呪縛に苦しめられた悲劇のレスラーなんです


デビュー戦は今も語り継がれるほどの茶番劇でした(-_-;)

かなりのプレッシャーだったんだと思います


が、しかし


ジュニアヘビーながら長身で、日本人ながらハーフで手足は長く、何より、その圧巻の跳躍力は本当に素晴らしかったコブラ


手足が長いので、ダイナミックでカッコいい( ´∀`)


本当に好きで、実際に会場で出待ちもしてました


で、今日


そんなコブラと連絡が取れて……


直接ファンだと言うことを伝える事ができ、これかも繋がる事ができます


夢ですね(TT)


そりゃ歳を取って体型は面影ありませんが、コブラはわたくしの永遠のヒーローですから(TT)


わたくしが洋楽を好きになったのも

コブラが入場曲として使っていた、エイジアの「ザ・ヒート・ゴーズ・オン」
ここから洋楽が好きになりました


このシングルが初めて買ったレコードです




今日の出来事はあまりにすごい事すぎて、実感が沸きませんが


ザ・コブラ こと、ジョージ高野に直接伝えられるという……返事をもらえるという


今日はそんなものすごい1日だったわけです


(*≧∀≦*)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。